2020年04月23日

タイヤ交換 ビードが上がらん

自分で、タイヤ交換。
もう10回程度はやっているかと思うんですが、今回初めて、ビードが全く上がりませんでした。
タイヤをポンポンしたり、縦にして座って押し付けたりしても、上がる気配もなし。
非力な8ℓコンプレッサーでも、いままでこんなことはなかったのですが。

思い当たることは、このタイヤは、ビードの左右の間隔(リム幅相当部分)が狭かったかなということ。
流通の過程で変な癖がついたのかもしれません。
それゆえ、空気を送る量より抜ける量が多くて、一向にタイヤが膨れない状態でした。

どうしたもんじゃろ~。ガソスタに行って流量の多いコンプレッサーで試すか、店屋にもって行くか。

そういえば、ラチェット式の荷締めベルトで外周を締め付けて密着性を上げて、ビードを上げている動画をみたことがあるので、試してみました。

お~空気が入っていきました。少し上がったところで、ベルトを外して、あとは普段よりは上がりにくかったですが、何とか上がりました。

やれやれ。

今回タイヤを買ったネットの店は、過去に2回ほど買って問題がなかったのですが・・・。
もうこの店では買うまい。

おすすめは、モノタローで、月に1回のバイク用品10%引きのクーポン利用(カタログに載っている番号を入れるだけ)かな。送料は、3000円以上でも、タイヤの場合、要るものと、要らないものがあります。たぶんよく売れる定番品は、自社在庫で特別送料が掛からないのかなと考えています。
例えば2Fのチューブレスの場合、フロントのTT100はクーポン利用・送料不要で6,524円でした。リアのK127は、要特別送料です。チューブのk127は送料が要らないみたいです。

posted by パタ殿下 at 19:48| Comment(0) | 整備編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする